脱毛法による効果の違い

受付する女性

主な脱毛方法の種類

脱毛サロンは導入している脱毛器の種類によって脱毛効果が大きく異なります。脱毛サロンの主な脱毛法としては、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛があげられます。IPL脱毛は多くの脱毛サロンで導入されている方法で、太く濃い毛に高い効果を発揮します。メラニンに反応する光を照射する施術なので、日焼けした肌やほくろなどには施術できません。SSC脱毛は抑毛効果のあるジェルを塗り光を照射することで、毛穴の中によくもう成分が浸透してムダ毛の再生を防ぎます。ジェルには美肌効果もあるため、美容意識の高い女性に人気の施術法です。SSC脱毛も、多くの脱毛サロンで導入されています。SHR脱毛は、低温の熱でバルジ領域にある毛のもととなる細胞にダメージを与えてムダ毛の再生を防ぐ方法です。痛みがほとんどない脱毛法なので、肌が敏感な人でも安心して受けられます。ただ、導入している脱毛サロンはあまり多くありません。そのほかに、脱毛サロンで受けられる脱毛法にニードル脱毛があります。脱毛サロンの施術はクリニックのように永久脱毛を明言することはできませんが、ニードル脱毛は永久脱毛が可能です。毛穴に針を入れて電流を流し毛根を焼き切るという方法で、一度の施術で高い効果を発揮します。しかし、1本1本行うので時間がかかるうえ、痛みも強いため広範囲の脱毛には向いていません。このように、脱毛サロンには色々な脱毛方法があるため自分に合う方法を選ぶのが良いでしょう。